厚いメガネレンズのデメリット

見た目に影響が出がち

厚みのあるメガネレンズを選択した場合、着用した際に目のサイズが大きく変わりやすいです。凸レンズタイプだった場合は、さながら虫メガネのように目が拡大されてしまいます。凹レンズだと逆に、目が小さく見えがちです。それは光がレンズを通る際に屈折してしまうからで、その屈折する角度はレンズが厚ければ厚いほど大きくなります。したがって、薄いレンズよりも厚いレンズの方が印象が変わりやすいです。さらに、大きくて厚いレンズだと、輪郭の一部がレンズに写り込むという現象が起こりやすくなります。また、顔を横から見た場合、フレームによってはメガネレンズがはみ出ているような見た目になることがあります。メタルフレームのように、細くてスタイリッシュなフレームだと、そのデザインを損なってしまうかもしれません。

メガネ全体が重くなりやすい

メガネレンズが厚ければ、メガネ全体の重量が増えます。そのため、着用しづらくなるかもしれません。メガネは基本的に、耳にかける部分と左右の鼻当ての合わせて4点で支える形ですが、重さの大部分はその鼻当てにかかります。そして、レンズが厚くなると、その鼻当てにかかる重さも当然増えます。そうすると、鼻当てが鼻に食い込んで痛みを感じたり、メガネがズレやすくなったりする恐れがあります。その対策としては、鼻当ての素材を弾力性と摩擦力のあるシリコン素材に換えたり、耳にかける部分にフック状の道具を取り付けるという手があります。しかし、いずれもメガネが軽ければ必要ない出費をしなければならない上に、痛みやズレの問題が完全に解消できるとは限りません。

めがねのメンテナンスを行う事で、長持ちする場合が多いです。修繕を専用に行っている業者に依頼する事もできます。