厚いメガネレンズの選び方

高品質のレンズなら厚さを軽減できる

視力矯正に使うメガネは度が強くなるほどレンズが厚くなりますが、技術の進歩により、強い度数でありながらレンズの厚みを軽減できるようになりました。レンズの屈折率を高くするほど薄く加工することができます。特にプラスチックレンズは度が強くなるほど厚みが増すので、フレームとのバランスを整えるためには屈折率へのこだわりは無視できません。厚いレンズは重さもあるので、長時間メガネをかけているとフレームを支えている部分に負担がかかります。また、メガネ全体が重くなるので誤って落としてしまうリスクも増大してしまうのです。自分の目に適したメガネを長く愛用するならレンズの厚みは軽視できないと言えるでしょう。

薄く加工されたレンズは割高ですが、長期的に見れば妥当な出費でもあります。

レンズの厚さとサイズの関係について

メガネのレンズは厚くなるほど重量感が増し、顔にかけると実寸よりも大きく見えます。そのため、顔とメガネのバランスが悪くなる可能性も否定できません。レンズが厚いメガネはやや小さいサイズにすることで顔とのバランスが丁度良くなります。また、フレームの太さもバランスに影響しますが、レンズが厚いとそれだけ重くなるのでフレームへの負担が大きくなる事実は無視できません。フレームレスのメガネはシャープな雰囲気を演出できますが、厚いレンズではレンズの部分が目立ってしまい、却って目元だけが浮き出て見えることがあります。厚いレンズはやや小さいサイズで作ると共に、ある程度は太いフレームで支えるのがバランスを良くするコツと言えるでしょう。

伊達眼鏡は、視力の矯正や紫外線対策などの機能をレンズが持っておらず、おしゃれを楽しむためだけに使われます。