薄いメガネレンズのデメリット

にじみが出て視界のクリアさが薄くなり、重くなり値段も高くなる

最近では薄いメガネレンズを販売するメガネ屋さんもかなり増えてきました。薄いメガネレンズはフレームに入れてもレンズがはみ出す事がなかったり、見た目もスッキリする等のメリットがあります。その一方で薄いメガネレンズは屈折率が非常に高い為、にじみが出やすくなり、その結果レンズが若干黄ばみ、クリアさが落ちてしまうというデメリットがあります。 また一見メガネレンズが薄くなれば軽くなるというイメージがありますが、レンズの素材に屈折率の高い素材を使用する為、比重が大きくなり重くなってしまうというのもデメリットの1つです。さらに通常のメガネレンズよりも薄くするとなると、ほとんどのメガネ屋さんで追加料金が発生します。眼鏡屋さんは自分達の利益を出そうと薄いレンズを勧めてきている可能性が高いので、普通のサイズで特に問題がない場合は、無理に薄くする必要はありません。

レンズの耐久性や強度が落ちてしまう

メガネレンズは薄ければ薄い程良いというものではありません。レンズを薄くする、つまりレンズの屈折率を上げると強度が下がってしまいます。何故なら屈折率の高いレンズは通常のレンズよりも材質が柔らかいからです。その為縁が付いていないタイプや、レンズがむき出しになっているタイプのフレームに薄いメガネレンズを装着すると、落としたり少しぶつけただけで割れてしまう恐れがある為向いていません。 それにそれ程視力が悪くない人であれば、わざわざ薄型レンズにしなくても十分軽くて薄いタイプのメガネを作る事が出来ます。メガネを作る時に重要なのは、いかに薄いものを作るかではなく、自分の視力に合ったものをつくる事という事を忘れないようにしましょう。