薄いメガネレンズのメリット

薄いメガネレンズはフレームの選択肢が増える

薄いメガネレンズのメリットを考えた場合真っ先に思い浮かぶのは「様々なフレームに合う」という点です。厚いレンズの場合、細めのフレームだと大きくはみ出てしまうため、横からの見た目が非常に不格好になってしまいます。そのため、フレーム自体に厚みがあるセルフレームなどのある程度レンズの厚みを度外視できるフレームを選ばざるをえません。薄いメガネレンズであれば、レンズがむき出しになるハーフリムやリムレスフレーム、フレームが細くなりやすいメタルフレームなどを安心して選べるようになります。メガネは単なる視力矯正装置ではなく、外見に大きく影響を与えるファッションアイテムでもありますので、見た目にもある程度こだわるならば薄いレンズを選ぶようにすると良いでしょう。

薄くすることでメガネを比較的軽くできる

ある程度の度数までは、レンズの厚みと重さは必ずしも比例せず、度数が同じ場合は屈折率が低い、即ち厚いレンズのほうが軽い場合があります。しかし、屈折率を維持したまま度数を上げていくと、レンズも厚みを増すため当然重さも増加していくのです。重いメガネを掛け続けていると眼精疲労や目の周辺の痛みなど、目の周りの健康を害するほか、メガネがずり落ちやすくなるという欠点も勘案する必要があるでしょう。度数が重いメガネをかける人にとっては、薄いレンズを選んだほうが目の健康に良いため、近視や乱視がひどい人は薄いレンズを選ぶべきです。メガネが軽ければ、普段の生活の中でメガネの存在が気にならなくなります。極度の近視や乱視に悩まされている人はレンズを選ぶ際に薄型レンズという選択肢を念頭に置くようにしましょう。